Castro Cafe - カストロ・カフェ -
アメリカン・アイドル Season7 のジェイソン・カストロ (Jason Castro)を微力ながらも応援するDaydreamingな毎日

プロフィール

RicoFromTokyo

Author:RicoFromTokyo
ジェイソン・カストロ(Jason Castro)のPureな声にすっかりはまってます。
アメリカンアイドルのシーズン7でTOP4となったジェイソン・カストロを遠く離れた日本からウォッチングしつつ、これからもずっと応援していきたいと思います。

DH#2932 (Bus#59)
JCM#105

今すぐフレンド登録!

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Jason Music


Quantcast

アクセスカウンタ

月別アーカイブ

Twitter

Visit!

JASON'SOFFICIALSITE

JASON'SMYSPACE



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Rockwall Herald Banner
Rockwall Herald Bannerのサイトに今週末のガーランドのコンサートや先日のタルサのコンサートについてなど、ライブでのコンサートについてのジェイソンの気持ちを述べたインタビュー記事が掲載されました。
原文はこちらで読めます。

Castro preps for Garland concert

Rockwall出身のJason Castroは、アメリカンアイドルが終わってから、地元では初めてのフルコンサートの為の準備をしている。カストロはグラミー賞受賞アーティストのPatti LaBelleと一緒に、土曜日の夜、ガーランドのSpecial Events Centerでコンサートを行う。開場は6時半で、開演は7時半だ。

彼のアイドル後の初めてのソロコンサートは、実は11月29日に同日グランドオープンしたオクラホマ州のFlytrap Music Hallで行われた。

「コンサートは最高だったよ」とカストロはその日を振り返りそう言った。「自分独自の音楽をまたやることができて本当に嬉しかったよ。それは、大きなアリーナで今年の夏にやったコンサートとはまるで雰囲気が違った。何千もの観客がいると難しいけど、つながりを感じたんだ。今回は観客席とすごく近くて、最前列の人なんか手を伸ばせば触れられるほどだったんだ]

型にはまったアメリカンアイドルでのパフォーマンスとは違って、この新たなパフォーマンスはカストロに彼自身が作曲した音楽を見せるチャンスを与えた。

僕のセッションでは9曲歌ったんだ。9曲のうち7曲はオリジナルソング。そのうちの2曲はアメリカンアイドル出演前のもので、残りはアメリカンアイドルのツアーが終わってから書いた曲だよ。LAにいる作曲家達とたくさんの時間を設けて書いたんだけど、その経験は楽しかったよ。一つの部屋で、いろんなアイディアや考えを話し合いながら一つの曲に仕上げていくのって最高だね。みんな少しずつやり方が違ったりするんだけど、他の人達がどんなふうに曲を書いていくのか知ることができるのって素晴らしいよ」

LaBelleとの土曜日のパフォーマンスは「An American Christmas」というタイトルであるが、カストロにとっては、あらゆる面でホームカミングを意味している。

「今度のPatti LaBelleとのコンサートは、僕が新生活を始めてからエージェントを通して初めて契約したショーなんだ」とカストロは笑いながら言った。「夏の間にそのエージェントからオフォーが来たんだけど、僕は地元に戻ってダラスでのショーをすぐにでもやりたいと思ってた」

「そして、実はウォーミングアップも含めてタルサのショーをするのを決めた。自分がコンサートするほどの準備ができてるかどうか少し不安だった。だけど、うん。今回のコンサートは僕が育ったガーランドの独立学区への教育基金を援助するんだって聞いたんだ。実は僕が卒業した地域でコンサートをするんだよ。すごいよね。ワクワクしてる。」

何ヶ月もにわたったAIのコンテストを経た後に、純粋にまた音楽だけをやる事についてどう感じているか聞くと、カストロは過去に自分が生きがいとしてやってきた形に戻ることについて心の準備はできていると強調した。

「うん。あの番組は普通じゃないからね。」とカストロは述べた。「まるで空想の世界のような変な緊張感があったよ。・・・それに、「僕、カメラの方向ちゃんと向いてるかな」みたいな心配とかがあったり(カストロはクスクス笑い出した)。だけど、それと同時に、それは空想的でまるで「心配することなんか何も無いんだ」っていう感覚もあったりした。すごく変だったな・・・全てがぼやけてて。だけど、ライブのコンサートに関しては、観客がすごく近くて、正直少し驚異だったよ。だけど、僕はそれ好きだな。自分の何かを証明しなきゃって感覚が好き。もし僕が自信がなく歌ってたら、前の列にいる観客にはすぐばれちゃうしね!違った意味での緊張感がある。最高のパフォーマンスにするために利用すべき緊張感かな。やっぱりTV番組よりライブの方がずっと好き。歌もずっと良く聴こえると思う。」

BestEducationBenefit.jpg













管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 Castro Cafe - カストロ・カフェ - all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。