Castro Cafe - カストロ・カフェ -
アメリカン・アイドル Season7 のジェイソン・カストロ (Jason Castro)を微力ながらも応援するDaydreamingな毎日

プロフィール

RicoFromTokyo

Author:RicoFromTokyo
ジェイソン・カストロ(Jason Castro)のPureな声にすっかりはまってます。
アメリカンアイドルのシーズン7でTOP4となったジェイソン・カストロを遠く離れた日本からウォッチングしつつ、これからもずっと応援していきたいと思います。

DH#2932 (Bus#59)
JCM#105

今すぐフレンド登録!

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Jason Music


Quantcast

アクセスカウンタ

月別アーカイブ

Twitter

Visit!

JASON'SOFFICIALSITE

JASON'SMYSPACE



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ツアー報告:San Diego (Casbah) - その3
ダーレンから写真が届きましたので、いよいよドキドキの楽屋訪問レポートです。

マネージャーのDavidさんに声をかけられ、後をついていくと、Davidさんが楽屋と思わしきドアを空けました。
そのドアを開けた隙間からジェイソンのドレッドヘアが目に入った時、私は、

カッチーーーン 

と一気に石のように固まりました(笑)

ド緊張状態で中へ入ると、まずは楽屋の狭さにビックリ!!
私達3人が入った為に、中にいたStephenやスタッフの人達の居場所が無くなり、ジェイソンを残してそそくさと出て行ってしまいました。で、中に残ったのは、ジェイソン、Davidさん、私、シェリー、ダーレンの5人。それでも、もう満員状態です。

ジェイソンは私達が入っていくと、「Hey!」って嬉しそうにニコニコ。
とりあえず私は自分の自己紹介をして、ジェイソンの大ファンで、Street Team の日本リーダーもしている旨を伝えると、Davidさんに「それは素晴らしいね。日本にはジェイソンのファンがたくさんいるのかい?」と聞かれ、そこでジェイソンがすかさず、「そりゃ、Street Teamがあるくらいだから、たくさんいるんでしょ」と言いました。
でも、なんと私ったら、「いや、実はあまりいないんですけど・・・」とバカ正直に言ってしまいました!!
あーーっ、なんたる失態!!

でもですね、それこそ、ジェイソンに「ところでStreet Teamは日本で何名くらい登録してるの?」なんて聞かれちゃったら、自滅ですもん。 私、ジェイソンにウソつけません。
はぁ~。なんとか数だけでも増やさんとジェイソンに「来日してー」とは言いづらい・・・。
しつこいようですが、皆さま、どうかメンバー登録お願いしますぅ~。

そして、Davidさんに「でも、日本からよくジェイソンの事を知りましたね」って言われたので、「アメリカンアイドルを見てたんで」と言ったら、ジェイソンとDavidさんの二人とも「へぇ。日本でも放送してるんだねー」と感心してました。あら、知らなかったのね・・・。

それから、持って行ったTシャツとお箸のお土産をジェイソンに渡し、ジェイソンは「Cool!」と喜んでました。

「わぁ。なに、なに、お箸?」
backstage06.jpg


「ありがとぉ~」と言って隣にいる私にニッコリ
backstage07.jpg



その後、ジェイソンにアリゾナで買って持って行ったウクレレにサインをお願いしました。ウクレレはこげ茶色で、黒いマジックだとはえないので、念のため白と銀色のペンを二本持って行ったんですね。

鞄の中のペンを探す私と、ウクレレのチューニングを始めるジェイソン
backstage08n.jpg


ジェイソンに「どっち使えばいい?」って聞かれて、「あ、どっちでもいいけど、じゃ白でお願いします」と答えたんですが、ジェイソン、サインをしているうちに何故だか、それにとってものめりこんでしまって、サインといつものジェイソンの似顔絵マークを入れた後、ちょっとのぞき込むと、

「・・・あれ? この人、もしかしてお絵かき、始めちゃってる?」

なんでだか、お花やハートをいっぱい描き込んでました。しかも、白ペンだけでなく、「ツートーンだ」と言って、シルバーも使って。ジェイソン、まだまだ、いたずら盛り(笑)
でも、このウクレレ、私にとっては一生の宝物!


「何書こっかなぁ~」
backstage09.jpg


真剣にお絵描きにのめりこみ・・・
backstage10.jpg


「よし! 完成!!」
backstage11.jpg


「見て、見て」
backstage12.jpg


シルバーと白のツートーン・・・って、わかりづらっ!(なにげに私の実名も初公開。笑) 
backstage13.jpg


そして、ちょっと弾いてみる・・・
backstage14.jpg


最後にウクレレを持つジェイソンと一緒に記念撮影
backstage15.jpg


ちなみに、この時、Davidさんも、私とジェイソンの写真を撮ってくれて、それをTwitterで配信したために、「写真見たよー」って、たくさんの人からメッセージやメールを頂きました。すごい反響でビックリでした。

ウクレレにサインしてもらった後は、シェリーが他のTDHから頼まれた質問をしたり、ビデオメッセージをお願いしたりしてました。
ほんとにシェリーは素晴らしい! 自分の事より他人から頼まれたことばっかを優先。
えっと、どんな質問があったかと言うと、一つは「ファンからされることで嫌なことは何?」って聞いたら、さんざん「別にないよぉ」って言ってたんだけど、最後にやっと「スイーツのプレゼントはちょっと困る」って言ってました。ついつい食べ過ぎちゃうからだって。あと、「If I Were You」の最初に入ってる笑い声はSerena Ryderの声だそうです。他の質問は・・・あー、覚えてないっ!

最後にシェリーがジェイソンに差し入れのフランスパンとNutellaを渡しました。Davidさんが、「どうせなら日本からお寿司持ってきてくれればよかったのに~」と私に言ってましたが、笑ってスルーしときました。はは。

そして、この日はTDHでLive Feedをやってたので、パソコンの前で待つTDHのみんなの為に、「何かひと言お願い」ってシェリーがジェイソンに電話を渡したんだけど、ジェイソンはさっそくNutellaをつけてパンを食べてたので、口の中はモゴモゴ。せっかくの一言がうまくしゃべれなかったっぽいです。あ、ジェイソンが食べる時にドレッドを結んだのをしっかりチェックしました。はは。

フランスパンとNutellaをもらって・・・
backstage16.jpg


それをすかさず食べてたはいいが、いきなり携帯電話を向けられ、むせるジェイソン
backstage04.jpg


そして、誰かが入ってきて、「ジェイソン、時間だよ」って事で、私の夢の楽屋訪問のお時間は終了いたしました。ほんとに、マジで心臓ドキドキでぶっ倒れそうでした。

なお、先日取り急ぎ掲載した「日本のファンへのビデオメッセージ」はこの日の楽屋でジェイソンに特別にお願いしたものです。

さて、この後はついにジェイソンのステージです!!
イェーイ!!

- その4へつづく -


ツアー報告:San Diego (Casbah) - その2
開演の時間になり、Casbahのドアが開きました。この日の入場料はUS$10。
これもシェリーが私の分も既に払ってくれちゃってました。いたれりつくせりで申し訳ない・・・。

DavidMe.jpg
そして、入口のところで、いつもジェイソンの写真を
Twitterで発信してくれるDiamond Daveでおなじみの
ジェイソンのマネージャーのDavidさんにお会いしました。
記念に写真を一枚。画像小さいですが、ぼかし修正無しで。はは。
Davidさん、背がたかっ! ・・・・って、私がちびなだけですが(笑)。
ハンサムでとっても優しいオジサマでした。


まずはライブの流れから説明しますと、最初はCaitlin Crosbyのステージ、次に我らのJason Castro! そして、最後にMatt Hiresの順番です。各ステージの合間に休憩時間があり、Caitlinが終わると、次のジェイソンがステージに上がるまで、オリジナル商品を販売しているカウンターの横でCaitlinのMeet&Greetが行われ、そしてジェイソンのステージが終わると、次のMattの出番までジェイソンのMeet&Greet。そして最後はMattが歌って、その後にMattのMeet&Greet、という流れでございます。

会場に入ると、うちらはステージ最前列の一番端っこの壁際に陣取りました。入ったのが早かったので、最前列のまん真ん中を確保することも全然余裕だったんですが、基本、ステージ前は立ち見だけど、なぜか壁際のところに椅子が5、6個だけ置いてあったので、そこで座って見ることに。(うちら、みんな若くないもんで。笑)

ステージを見ると、既にジェイソンのギターとウクレレが置いてありました。テンション、上がる!!

JC_guitaruke.jpg


楽屋へはいつ行けるんだろーとドキドキ待ってると、一番手のCaitlinがステージに出てきました。イェイ。
事前に全然チェックする暇もなく、彼女の歌を聴くのはこの時が初めてだったんですが、声量もあり、ハスキーな声が素敵。後でCD買おうと思ったのに、売り切れちゃったんですよね。残念・・・。
ジェイソンのEPといい、なんか配送ミスだか連絡ミスだかがあったみたいで、突如品切れになってしまったようです。オリジナル商品を売ってる土産屋のおにーちゃん(Andrew)が「足りなくなるよって、俺は前もって言ってたのに・・・」ってこぼしてました。

ちなみに、Caitlinはミュージシャンだけでなく、女優でもあり、ドラマや映画にも出てるそうです。
残念ながら私は見たことないけど・・。

Caitlin01.jpg


ところで、バックステージパスですが、こちらは落札者のシェリーと同行者一人の計2名が楽屋入りを許されてるんですが、ダーレンを残していくのはあまりに忍びない・・・ということで、Davidさんとも当然顔見知りのシェリーが交渉してくれて、ダーレンはカメラやビデオを撮影するだけ、という条件で、3名とも入ることをOKしてもらいました。さすが!! 持つべき友は顔のきくDreadheads!!

さて、Caitlinのライブを見てると、マネージャーのDavidさんが背後からやってきて「そろそろ楽屋の方へ・・」と私達にそっと耳打ちしてくれました。

ひゃー!心臓、バックバク!!

- その3へつづく -

※ずっと引っ張ってしまってすみません。実は楽屋で私はカチンコチンに緊張してしまって、写真やビデオは殆どダーレンまかせ。彼女からまだ写真が届いてないんで、「その3」は写真が届き次第になります・・・。

ツアー報告:San Diego (Casbah) - その1
2月19日の午前10時半頃にサンディエゴ空港に到着。お友達の便は12時過ぎに着き、空港で無事二人に会えました。二人とも実際に会うのは今回が初めてなので感激でした。しかも、超オモロい人達で、会った途端にジョーク炸裂。二人のボケと突っ込みがたまりません。でも、二人とも話すのが早いので聞き取るのが大変!

テキサスのダーレンはとてもフレンドリーな人で、道行く人全てに微笑みかけて挨拶するタイプ。一度なんかは、街を歩いてた時に、ある家族連れを見て「オーマイゴーッド!!」と叫んで走り寄って行き、しばらく話してたので、てっきり偶然知り合いにバッタリ会ったのかと思ったんだけど、戻ってきた時に私が「知ってる人?」って聞いたら、「ぜんぜん。テキサスって書いたTシャツ着てたから」って。はは。

カリフォルニアのシェリーはジェイソンのライブに既に何十回も行ったことのあるツワモノ(笑)で、夜寝る時に着てたTシャツの背中にジェイソンのサインを見た私は「え~!! ジェイソンのサイン入りのTシャツ、もしかして寝巻にしてんの??」ってビックリ。「あ~、何枚もあるから・・」って。もったいねーーーー。ちなみに彼女はアフリカの子供達を救うボランティア団体を運営していて、今回のジェイソンのツアーが終わったら、アフリカに行くらしい。なんとエネルギッシュな!! いつも自分より他人の事を先に考えるタイプの人で、私もいつかこんな人になりたい!と思わせるとても魅力的な女性です。

ちなみに二人とも私よりも年上なんですよね。
(「え~!! Ricoさんよりも上??」って思わず言った人。一歩前へ。笑)

さて、とりあえずはホテルに行ってチェックイン。ホテルはベイエリアのHoliday Innです。

holidayinn.jpg


そして遅めのランチを食べに、ホテルの近くにあるイタリアン街に行きパスタを食べて、その後は友達がジェイソンに差し入れを買うというので、そのイタリアン街にあるデリに行き、フランスパンとNutellaを購入。Nutellaは前にCastrocopiaで話題になってましたよね。そして、Matt Hiresへポテトチップスを5袋。実はシェリーはサンディエゴの直前にポートランドやサンフランシスコのライブにも行っていて、そこでMattに「今度差し入れ何が欲しい?」って聞いたら「ポテトチップス~」って言ってたとのこと。

      ジェイソン好物↓
   nutella_20100226154907.jpg


その後は、カリフォルニアのオレンジカウンティ在住のTDHのもう一人、テリーと待ち合わせをしてたので、その子を車で拾って、4人でダウンタウンをドライブ。運転はダーレン。「私、運転下手なのよねー」と言ってましたが、正直ちょっとびびりました(笑)。 急な方向転換や一方通行逆行。そして、しまいには、ライブ場所であるCasbahに向かう途中に踏み切りがあり、カンカンと音がしたので線路の前で車を停めたら、なんと降りてきた踏切の棒が私達の車の後ろに! 「あああーーーっ!!! ここ踏切の中やん!!! 」

線路との距離があったので、電車は車の前を無事走って行きましたが、一瞬、心の中で思わず
「殺すなら、せめてジェイソンに会った後にしてーーー!!」
と叫んじゃいました。ははは。

ということで、夜6時にCasbahへ到着。既に6~7人並んでたかな。
あー、いよいよだ! ドキドキ。

casbah.jpg

- その2へつづく -


3日間ツアーへの道のり
ではでは、やっと元気が戻ってきたので、詳細報告でございます。
長くなりそうなので、いくつかに分けてのご報告。

今回のMatt Hiresと Caitlin Crosbyとのジョイントツアーは、2月19日のSan Diego(カリフォルニア州)、2月20日のTucson(アリゾナ州)、2月21日のPhoenix(アリゾナ州)と3日間連続で行ってきました。

ところで、まず、なぜカリフォルニア行きを決めたか、といういきさつから。

実はうちの夫が病気をしてまして、昨年12月下旬にSan Diegoから車で1時間くらいのところにある病院に入院したんですね。当時はかなり長期になる予定で、それなら2月頃に1週間くらいお休みを取って、お見舞いをかねて、ついでにジェイソンのライブも行こうかなーと思い、それをTDHのお友達に話したら、「だったら私も行く!」ということになったんです。今回、San Diegoで会った二人は、先だってジェイソンのサイン入りTシャツを送ってくれた友達なんですが、一人はテキサス州、もう一人はカリフォルニア州のずっと北の方なんで、San Diegoへ行くには、いずれにしても二人とも飛行機に乗らなければ行けない距離。ところが、先月、夫がカリフォルニアの病院を出てアリゾナに戻ってしまいました。当時は夫の病状も良くなく、それで私は会社に休みをもらい、慌ててこちらに来た次第なのです。

そんなわけで、とてもジェイソンのツアーに行ける状況じゃなさそう、と友達に話したんですが、既にホテルやレンタカー付きのパッケージを申し込んだ後だったようなのです。「気にしないで。来れるようなら来てね」と言ってくれて・・・。うるうる。

しかもっ!!

今回の全米ツアーの中で3か所だけ、バックステージパスのオークションをやっていたのをご存知でしょうか? そして、その3か所の一つがSan Diegoだったんですね。それで、なんとその友達が「Ricoのために」と言って、オークションに挑んでくれてたんです。うるうる。

最初は100ドルちょっとでずっと止まってたんですが、最終日に値が上がっていき、最後は400ドルで友達が落札してくれました! 最後の瞬間は、ドキドキ、ハラハラでした。しかも、この友達、超~いい人で、「半分払わせて~」って言ったんですが、「これはRicoへのプレゼントだから」ってかたくなにお金を受け取らず・・・。

ここまでして頂いて、行かないわけにはいかん!と思い、結構ギリギリにSan Diego行きを決意! 私がこちらに来る直前はアリゾナの地元の病院に入っていた夫も、退院後は順調に回復して、今は定期的に病院に通院すればいいほどに元気になったので、私のSan Diego行きを快くOKしてくれました。

そして、その途端に欲が出てきてしまった私は、後日また夫を説得して、San Diegoの後のアリゾナ州Tucsonと地元Phoenixのライブも行くことを決めました!

・・・さすがにちょっと罪悪感で心が痛みましたが、今思うと、無理してでも思い切って行って良かったなと思います。ジェイソンが2月25日のテキサス州Austin以降のツアー全てを突然キャンセルしたことはご存知の方も多いと思いますが、そんな事もあるわけで、「行っといて良かった~」って正直思いました。人生、何があるか分からないわけですし、「また、今度にでも・・・」ってあきらめると、二度とチャンスはめぐってこないかもしれないじゃないですか。人生長いようで短いから、本当に自分にとって大切な事は先送りにしちゃいけないですよね!! (・・・と自分で自分を擁護。笑)

バックステージパスがあれば、少なくてもSan Diegoではジェイソンに会える事は100%確実なので、何にサインをしてもらおう~と考えてたんですが、最初に頭に浮かんだのがアコースティックギター。前からジェイソンのようにギターが弾けるようになりたくて、そのうちギターを買おうと思ってました。それで、中古ですが、今回、Taylerの3/4 サイズのギターを購入! でも、考えてみたら、飛行機乗るわけだし、ちょっと持ち運びが面倒かも・・・と思い、泣く泣くあきらめました。飛行機会社に電話して確認したら、機内には持ち込めないという事で、持ってくとしたらハードケースも買わないと駄目なようです。
で、代わりに買ったのが、ウクレレ。ウクレレの中でも一番小さいサイズなので、これなら簡単に持ってけます!

ジェイソンへのプレゼントは何持っていこうか・・・とこれも頭を悩ませましたが、結局ごくごく普通のTシャツを地元のモールで買って持って行きました。こんな事なら日本でなんか買ってくれば良かった~と後悔したけど、日本を発つ時は夫の事でいっぱいいっぱいで、そんな事を考える余裕すらなく。でも、成田空港でお土産用のお箸セットをたまたま買ってたんですね。これはアリゾナで夫がお世話になってる人にあげる機会があれば・・・と思って買ってきたお土産だったんですが、結局あげずじまいだったので、お箸もついでに(笑)

【ジェイソンへのプレゼント】
t-shirts4jc.jpg hashi.jpg


さて、ウクレレとTシャツとお箸セットを持って、いざSan Diegoへ!

各ライブについては、また今度!

昨夜のSan Diego
今、サンディエゴのホテルからiPhoneを使って書いてます。

昨夜のライブは、私にとって一生の思い出に残るほどの最高にすごい夜でした‼
ジェイソンに何度もハグしてもらって、ツーショット写真も何枚も撮ってもらって、緊張したけど、結構いろんな事話して。日本語の「ありがとう」の発音も教えてあげました(笑)。
写真やビデオなどを含めた詳細は、アリゾナに戻ってから改めて。実はアリゾナのライブも行くことにしたので、詳細報告は来週になります。

ところで非常に残念なお知らせが!
なんとEPがSOLD OUTでした。メールくれた方、ごめんなさい‼
そのお詫びとして、メールを頂いた方全員に別の物を買っていきますね。皆様の名前入りでジェイソンからサインもらって。あと、2日あるんで、頑張ってもらってきます。もちろん、これは私からのお土産ですので、お金の請求はいたしません。いよっ!太っ腹!(笑)

なおEPについてのメールは締め切りましたので、今からメールでのお願いはご勘弁を!





copyright 2005-2007 Castro Cafe - カストロ・カフェ - all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。