Castro Cafe - カストロ・カフェ -
アメリカン・アイドル Season7 のジェイソン・カストロ (Jason Castro)を微力ながらも応援するDaydreamingな毎日

プロフィール

RicoFromTokyo

Author:RicoFromTokyo
ジェイソン・カストロ(Jason Castro)のPureな声にすっかりはまってます。
アメリカンアイドルのシーズン7でTOP4となったジェイソン・カストロを遠く離れた日本からウォッチングしつつ、これからもずっと応援していきたいと思います。

DH#2932 (Bus#59)
JCM#105

今すぐフレンド登録!

カレンダー

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

Jason Music


Quantcast

アクセスカウンタ

月別アーカイブ

Twitter

Visit!

JASON'SOFFICIALSITE

JASON'SMYSPACE



リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ストリートチーム登録キャンペーン
私のだらだら長いツアー報告をずっと読んで頂きありがとうございました。
私も最近やっと帰国のめどが立ってきて、今月中には日本に戻れそうです。日本食が恋しい~。

さて、2008年4月から約2年間続けてきた当ブログ「カストロカフェ」でございますが、寂しいことに、読んで頂いてる方の数もどんどん減り、最近ではコメントが入る事もめったに無くなって、この先どうすべきかと・・・。
当ブログを始めた当初は、ジェイソン情報を一方的にお伝えする事ではなく、ジェイソンのファンとの交流やネットワークを広げていく、というのが目的だったんですね。でも、残念ながら、それはブログという形態ではやはり難しいという事に気付きました。もっと読者が参加できるフォーラム形式に出来たら楽しいんですけどね。(フォーラム形式にしても、書き込みするの私一人な気が。笑)
Twitter等を使って別の形で情報発信していく事も考えてはいるんですが、以前の「ジェイソン日本語翻訳版Twitter」もすべってしまったし

また、ストリートチームのブログ更新も遅れがちになってしまっているので、そちらにもっと注力したいな、とも考えております。その為、今後とうぶんの間はカストロカフェの方は気が向いたら的な更新になりそうです。
但し、日本国内にもっとファンが増えれば、またフル稼働致しますよ。

ちなみに、ストリートチームですが、狭い日本とは言え、いくらなんでも登録者数が日本全国でひと桁というのはあまりにも悲しい。ジェイソンファーン、みんな、どこへ消えてしまったの~? お~い!

・・・てなわけで、ここでメンバー数増員をめざし、登録キャンペーンを!

実はツーソンのMeet & Greetで、ポスターを一枚余分にジェイソンからサインしてもらってきました。
その実筆サイン入りポスターを抽選で1名様にプレゼント~! 

ジェイソン、サイン中の証拠写真
poster01.jpg


なお、応募条件は下記2点。

MySpaceに登録し、ストリートチームジャパンへフレンドリクエスト
ストリートチームジャパンへの登録


上記2点を済ませた後、Eメールで件名に「ポスター希望」と入力し、下記までご応募ください。

メールアドレス

また、Eメールでご応募頂く時点では実名や住所は必要ありません。とりあえずは、ユーザー名でもニックネームでも何でも結構ですので、メール本文に入れてください。
抽選後、当選者にはメールでご連絡いたしますので、発送先等はその際に改めてお知らせ下さい。
既に、ストリートチーム登録を済ませ、フレンド登録済みの方も、もちろんメールにてお気軽にご応募ください。


登録方法等の詳しい手順

【フレンドリクエスト方法 】

1. まだMySpaceのアカウントを持ってない場合は、まずは下記サイトでMySpace登録をしてください。登録はもちろん無料です。

MySpaceユーザー登録ページ (日本語)
http://signups.myspace.com/index.cfm?fuseaction=signup

2. 登録を済ませた後に、ログインした状態で下記ストリートチームジャパンへアクセスして、「フレンドになる」をクリック。これでフレンドリクエストは終了。

ストリートチームジャパンMySpace
http://www.myspace.com/jcstjapan


stjapan.jpg


【ストリートチームジャパン登録方法】

1. まずは下記サイトにアクセス

ストリートチーム登録ページ
http://jcsthq.com/


ST登録ページ1


2. 米印のついた欄は必須入力項目です。他の項目ももちろん入力して頂いて結構ですが、特に入力する必要はありません。

ST登録ページ2


(1) お名前を入力 (半角英語)

(2) Regionで、「Japan」を選択

(3) Emailアドレスを入力

(4) Online Promotionとは、ブログや各自のMySpaceでジェイソンの音楽についてプロモーションする事が可能か、またVenue Workでは、ジェイソンが来日した際に現地でプロモーション活動する意思があるかを聞いてます。どちらか、または両方にチェックマークを入れてください。(※尚、Venue Workにチェックを入れた場合は、電話番号も必須入力になりますので、番号を知らせたくない場合は、Online Promotionのみにチェックを入れて下さい。ちなみに、ここでチェックを入れても何の義務も生じませんのでご安心を。あくまで個人の自由意思であり、ここは特に深く考えなくてOKです)

3. 最後にページの一番下にある「Send」と書かれたボタンをクリック

以上です。簡単でしょ?

※ 「Send」を押すと、登録画面に戻りますが、下記のように「Thank you! We will respond promptly.」というのが表示されれば、無事完了です。

completed.jpg



抽選は責任持って公正に行うことをお約束します。
寂しいことに、私の予想だと当選率はかなり高めかと。
なので、これは応募しなきゃ損ですよーー。

尚、とりあえず締切は4月11日とさせて頂きます。

ご参考まで、ストリートチームについての説明は、こちらのページをご覧ください。



ツアー報告:Phoenix (Rhythm Room)
2月21日(日曜日)、ついに私の夢の3日間ツアーも最終日になってしまいました。
今回は一気にご報告。

サンディエゴに行く前から、ギターやウクレレ買ったり、ジェイソンへのプレゼント買いに行ったり、ネイルサロン行ったりで、必要以上にはしゃぎまくってた私は、この日の朝起きた時、いささかお疲れモード。
やっぱり、年には勝てん。

我が家は砂漠のまん中の田舎なため、フェニックスのダウンタウンまで距離があるんですが、それでもツーソン行くよりは全然楽ちん。フェニックスまでは渋滞が無ければ車で40~50分くらいですかね。この日のライブは夜の7時半開場なんで、それまでゆっくり、と思いきや、空港へレンタカーを返しに行かなくてはならんのです。

実はこの日もうちの夫同伴でライブに行くことになりました。
何十年も前の話ですが、夫は昔フェニックスでレコーディングスタジオを経営していた事があり、この日のライブ場所であるRhythm Roomのオーナーとも昔は知り合いだったそうで、「ジェイソンのライブを二晩続けて見たくはないけど、行ってもいいよ」とのことでした。むかっ
・・・まぁ、フェニックスのダウンタウンも決して安全な場所とは言えないので、ホッとしましたが。

空港でレンタカーを返し、その後夫に迎えに来てもらって、まだまだライブまで時間があったので、Guitar Centerで時間をつぶして、Applebee's で夕食食べてから、7時15分頃にRhythm Roomに到着。Rhythm Roomは、Phoenixでも昔からある老舗のライブハウスのようです。

ジェイソンのツアー用バン ↓
phoenix07.jpg  phoenix08.jpg


前日のツーソンが頭にあったから、「そんなに早く行く必要ないかな」と気がゆるんでしまって、開場の15分前に行ったんですが、入口前は既に長蛇の列になってました。・・・うかつでした。

開場時間になって中に入ると、「えっ?どうなってんの、これ?」とあせりました。ステージ前のスペースはガラガラに開いていて、ステージの後方、そして両脇の奥に、テーブル席がいくつもあり、立ち見がしんどいと思ったのか、先に入った客はテーブル席を確保してました。気付くと夫もステージ向かって左側の脇のテーブル席を確保。でもステージのまん前の正面に二組だけテーブル席が置いてあり、座っている人を見たら、前日にお会いしたストリートチームのアリゾナ州リーダーのLaura Anneさんでした。彼女に「どうしてここだけテーブルがあるの?」と聞いたら、「勝手に奥から動かしちゃっていいのよ。私達動かしちゃったもん」との事。それを聞いた私は、夫に「椅子こっちに動かしてぇ~」と手招きしたんですか、「はっ?なに??」てな感じで通じてない! しかも、彼女と私の会話を耳にしたまわりの人達がいっせいに椅子とテーブルを動かした為、あっと言う間にステージ正面のスペースが埋まってしまいました。夫はステージ脇に確保したテーブル席で余裕ぶっこいて座っていて、私が戻ると、「なんだよ。ここで十分だろ」と言ってました。
ジェイソンを正面から見たいんだよーー!!


ライブが始まる前に、会場をざっと見たら、オリジナルグッズ商品のテーブルがなんとステージのすぐ右隣に設置されてました。他にスペースが無かったようです。今日は昨日と違って客もすごく多いし、Meet & Greetが心配。こりゃ、かなり混雑しそうな雰囲気です。

さて、しばらくするとCaitlinがステージへ。

phoenix06.jpg


なんだか、音響がすこぶる悪かったです。
途中、何度かマイクがハウリングをおこし、音もあまりクリアに聴こえない。

Caitlinのステージが終わり、夫がテーブルを確保してくれているので、この日は初めてCaitlinのMeet & Greetへ。前日の二日間はジェイソンのステージが終わるまでは、その場を動く気になれなかったもんで。
CaitlinのTシャツを買ってサインしてもらい、一緒に写真を撮りました。Caitlinに名前を聞かれたんだけど、私の代わりに横からAndrewが私の名前を叫んでました。いつの間にかAndrewに名前を覚えられたらしい。はは。でも、考えてみたら、この人、ジェイソンのツアーにずーっと付いて行ってるんですよね。私にしてみたら夢みたいな職業なんですけど。無給でもいいからやりたいっ!彼は日本に住みたいみたいなんで、入れ替わることが出来れば、二人してバン万歳。

そして、ジェイソンがステージに登場。
ステージの一番端っことは言っても最前列なんで、ジェイソンの横顔はばっちり見えました。Stephenとジェイソンの立ち位置を交換してくれれば最高なんですが。ごめんよ、Stephen(笑)

この日もビデオや写真を撮りましたが、やっぱり、あまりまともなもんが無いです。特にこの日は横顔ばっか。
私の来年の目標!お金を貯めて、もっといいカメラとビデオカメラを買うぞー!

私にとって最後のライブということもあり、今日はじっくりと落ち着いてジェイソンのショーを満喫いたしました。そして、「Let's Fall In Love Again」の時は、「歌詞が分かれば一緒に歌ってね」というジェイソンの一言で、自分がいかに音痴かも忘れ、思いっきり声を張り上げて、ジェイソンと一緒に歌いました。サイコーな気分

phoenix03.jpg


phoenix04.jpg


phoenix02.jpg


phoenix01.jpg


さて、ジェイソンのショーが終わり、私にとって最後のMeet & Greet。ステージ脇を見ると人がウジャウジャ。今日はジェイソンともあまりお話する時間も無さそう・・・と思い、ため息混じりに私も列の最後尾へ。列に並びながら見てると、一人ひとりの時間も限られてるみたいで、写真を撮ったらすぐ次の人、みたいな流れでした。

やっと、私の番になり、ジェイソンが私を見て、言った一言。

「Oh, Hi!! Long time no see!! Hahahaha!!
(おー、ハーイ!! 久しぶりじゃん! ははははは!)」


おっ、そう来たか
・・・でも、やっぱ、そう来るよね~ (笑)

ジェイソンに昨日ライブの帰りにスタンドで見かけた話をすると、「ホントに?? すごい偶然だね!」って言ってました。私の後ろには、まだまだたくさんのファンが並んでたので、即効で一緒に写真を撮って、「これからもずっと応援するので頑張ってね」と言って、列を離れました。3日目なのでさすがにジェイソンにも慣れてきて、この日はそれほど緊張せずにしゃべれそうな気分だったのに残念無念。

ジェイソンと私:今日の一枚↓
phoenix09.jpg


マンディは、前日ツーソンで「明日のフェニックスには、うちの両親が来るのよ」と私に話してくれたとおり、パパとママらしき人が後方のテーブルに座っており、舞台裏とご両親のテーブルを忙しそうに行ったり来たりしてて、残念ながらこの日は話すチャンスが無かったです。でも、ご両親が来たのがツーソンではなくて、フェニックスで良かった~。この日はお客さんも満員でしたが、もし前日のツーソンのガラガラ状態を見たら、「彼はこの先うちの娘を食べさせていけるんだろうか」ときっと心配されたかと

そして、Matt Hiresがステージに出てきました。夫はMattの音楽が気に入ったようで、また少しだけ聴いてから帰ることにしました。


phoenix05.jpg



Mattのステージの途中で、マンディがまた舞台裏から出てきて、ご両親を連れて出て行ってしまったので、「ジェイソン帰っちゃうんだな」というのが分かりました。

私達もまたMattのステージの途中でRhythm Roomを後にしました。
連夜続いた興奮から急に疲労が襲ってきたようで、帰りの車は家までずっと無言だった私。

クラウドナイン状態だった私の三日間。あ~終わっちゃった~。


アルバムカバー&収録曲一覧
4月13日にリリースが確定したジェイソンのデビューアルバム「Jason Castro」のアルバムカバーと収録曲のリストが発表されました。

アルバムカバーはこちら↓

thumbnail_8.jpg

あ・・・これ使ったんですね。

好きか嫌いかは賛否両論のようで、確かにジェイソンの音楽との関連性があまり感じないカバーではあるけど、目にはキャッチーで、CD屋さんで見たら思わず手に取っちゃいますよね。ジェイソンのパパの仕事の宣伝にも使えそう。(← パパさん、スイミングプール建設業。笑)

そして、下記がアルバムに含まれる曲でございます。

1. Let’s Just Fall In Love Again
2. This Heart Of Mine
3. That’s What I’m Here For
4. Heart Of Stone
5. If I Were You
6. You Can Always Come Home (feat. Serena Ryder)
7. Love Uncompromised
8. Closer
9. All Wrapped Up
10. It Matters To Me
11. Hallelujah
12. Let’s Just Fall In Love Again (Acoustic Version)
13. Sweet Medicine
14. Over The Rainbow



尚、プレオーダーでStandard Bundle ($29.99) 、Limited Edition Bundle ($79.99)、Deluxe Bundle ($399.99) をご注文した方は上記14曲全て提供されますが、Digital Bundle ($9.99) の場合は10曲、そしてCD屋さんに並ぶ実際のCDは8曲のみだそうです。AmazonやiTunesで注文された方はまたちょっと違うようですが、詳しくはJCMをご確認ください。

プレオーダーをお済みで無い方は今すぐJCMストアにてご注文を!
注文方法が分からない方はこちらをご参考下さい。
(※注文方法については昨年8月に書いたものなので多少違ってたらごめんなさい。いずれにしても、ご不明な点があればコメントかメールを下さいませ)




ツアー報告:Tucson (Solar Culture) - その2
ジェイソンのステージが終わり、観客がごっそりMeet & Greetスペースへ移動。

ジェイソンにサインしてもらう為に持ってきたギターは車の中に置いてきたので、それを取りに行かなくては、と入口に向かって歩き出すと、

「オーー! ハァーイ!!」

というキュートな声が。

振り向いたら、なんとマンディが手を振りながら小走りに私のとこへやってきました!
さすがに昨日の今日なんで、私のことを覚えてくれてたようです。

隣にいたうちの夫をマンディに紹介しようとした瞬間、また背後から、

「ヘイ! ヘイ! ヘイ! ヘーイ!!」

と聞きなれた声が!! 

振り向くと、今度はジェイソン登場!!

それで私は、ジェイソンとマンディにうちの夫を紹介し、夫にジェイソンとマンディを紹介。
・・・な、なに、このシチュエーション?(笑)

そして若夫婦と老夫婦(笑)の2組でちょっと立ち話。

私はまたぽーっとしてしまい、夫ばっかしゃべってました。
しかも、うちの夫ったら気がきかない人なんで、ジェイソンに「君と一緒にギターを弾いてた彼はすごく上手いね。感動したよー」とか言っちゃって。私は心の中で「Stephenの事はいいから、この場はとりあえずジェイソン本人をほめてよ!」と叫んでました。
もーっ

ジェイソンは夫に「日本語しゃべれるんですか?」とか「どこに住んでるんですか?」とか聞いてましたが、ジェイソンがこの日、うちの夫に言った言葉で私の中でツボだったことが。

実はうちの夫にはお気に入りシャツがあって、1週間に4日か5日はその同じシャツを着ており、「きったないから、とっとと捨ててー」って、私はいつも愚痴ってたんですが、前日のサンディエゴのジェイソンのステージを見ながら、「あれ・・・今まで気付かなかったけど、このジェイソンのシャツって、うちの夫のシャツに似てるかも・・・」とふと思ったんですね。で、このツーソンのライブの夜も夫はそのシャツを着てたんですが、ジェイソンが夫のシャツを見て、

「Oh, by the way, nice shirt! It looks like my shirt I wore yesterday.
(あ、ところで、いいシャツですね。昨日着てた僕のシャツに似てる。)」


なんか、このジェイソンの一言、私としては個人的にとってもツボでした。ははは。
それ以来、夫のお気に入りシャツは私のお気に入りシャツに。 
ゲンキンな私。

それから、ちょっと、「へ?」って思ったことは、マンディが私に、「あー、そういえば、ギター持ってきた?」って聞いたんですよね。私、彼女にはギターの話は一切してないのに。

うーむ。さては・・・・・。

「今日はこんなファンがいて、こんな事言われて・・・」って、その日に起こった事を全て妻に報告するジェイソンの夫像が頭に浮かびました(笑)。いやー、仲睦まじくて誠に微笑ましい!! 

そこで4人でちょこっとしゃべった後、Meet & Greetを待つファンの為に、ジェイソンは「じゃ、また後で」と言って去って行きました。私はギターを車から取りだし、再び入場し、ジェイソンにギターを渡すと、ジェイソンは私のギターを見て、「あっ、Taylerのギターじゃん!」と言って、ちょっと弾いてくれました。

Meet & Greetなので、ジェイソンは、もちろん私だけでなく、ファンのみんなにサインしてあげてるんですが、基本的にはジェイソンのオリジナルTシャツやポスターをその場で購入してサインしてもらうのが普通みたい。楽屋訪問の時ならともかく、こんなふうに自分のギター持ち込みまでしてサインをお願いしてるファンは私くらいなもんだったから、ちょっと気まずかったけど、やはり嬉しいーーー♪ ジェイソン、ありがとう!!

TucsonのMeet & Greetにて ↓
tucson_mejason_20100309154825.jpg

さて、Matt Hiresのステージの時間になり、ジェイソンは昨日のサンディエゴの時とは打って変わって、早々にMeet & Greetを切り上げて行ってしまいました。Meet & Greetをしていた場所は入口付近で、ステージとはかなり離れてたのに、「なんか今日は冷たいじゃん」と思って、ちょこっとMattのステージの方を覗いた私は愕然!!
客がより一層スカスカに!

この日は子供や若いお客さんが多く、また時間もかなり遅かったため、ジェイソン目当てで来たファンはジェイソンのMeet & Greetが終わった途端にさっさと帰ってしまったようで、ステージ前をざっと見た感じ、客数は入った時の半分くらいになってました。実は私も帰りで運転がまた2時間かかるし、Mattのステージの前に出ようと思ってたんだけど、あまりにもMattが気の毒になってしまって、とりあえず最初の2、3曲聴いてから帰る事にしました。

ステージのまん前で見て途中で抜けるのは気まずいので、人が全然いない後方でMattのステージを夫と一緒に見てたんですが、私の横に人が立ってるのが視界に入って、チラ見すると・・・

えっ? ジェイソン?? 

なんと、ジェイソンも観客の一人になってMattのステージを見てました!!

そこで、私はピンと来ました。

Meet & Greetを早く切り上げたのは、みんなにMattのステージに戻ってほしかったからでは?
でも、結局は多くのファンが帰ってしまい、客席があまりにもがらがらになったので、自分も観客の一人としてMattの曲を聴いてあげてたのでは?

改めてジェイソンの人の良さがすごくうかがえました。

でも、ジェイソンが隣にいたら、私、Mattの曲を聴くどころじゃないですよーー
かと言って、Mattのステージ中ずっと、横にいるジェイソンばっか見つめてるわけにいかんし。ジェイソンも気味悪いですよね、そりゃ。
でも、何回も隣をチラ見しちゃいました。
残ってる他のファンはステージ前でMattを見てたし、会場暗かったから、ジェイソンが後方に立ってるのも気付いてない様子。なんだか究極の幸せ感ー(笑)

ジェイソンはMattの曲をしばらく聴いていたけど、最後にチラ見した時には、いつの間にか消えてしまいました。
なので、私らも即効で退散。明日もあるし、早く帰らねば。

車を出す時にジェイソンのバンにバイバイして、ツーソンを発ちました。

そして、緊急レポートしましたが、この帰り道の途中で寄ったガソリンスタンドでジェイソンを目撃!
実は、最初に気付いたのは夫でした。
私は、この時、ライブ後だった事もあり、思いっきりハイテンションで、そこのスタンドで一服してる時も夫にジェイソンの話ばっかりしてたんですね。そしたら、急に夫が、「Isn't that Jason?」と言って指差したので、私はてっきり夫が私をかつごうとしてるのかと思って、「Oh, yeah, yeah! Sure!」とか言って振り向いたら、ホントにジェイソンがいたので目が飛び出そうなくらいびっくらこきました。

ジェイソンが行ってしまった後、夫いわく、「実はジェイソンは君がいたの気付いたんじゃないの? 日本から来たストーカーに追いつかれないように、彼は今頃きっと時速100マイルくらいでぶっ飛ばしてるよ。ぶははは!!」

うわぁーー。マジだったらどうしよう・・・

でも、この日はジェイソンがとってもとっても身近な存在に感じました。
思えばアメリカンアイドルでジェイソンがDaydreamを歌ってるのを見てから2年になるのですが(あれは忘れもしない2008年3月15日)、名前も知らなかったその青年と彼の未来の奥様に自分の旦那を紹介する日が来ようとは、その時には想像すらしなかったなー。なんかとっても感慨深い。

どうしようか迷ったけど、ツーソンは来てみて良かった。当たりな日でした。

The Bachelor出演
アメリカで2002年から続いているABC局の人気番組「The Bachelor」で、シーズン13に出演したJasonとMollyの結婚式をフィーチャリングした2時間の特番にジェイソンが出演しました。ジェイソンは彼らの結婚式で、「Over the Rainbow」と、番組放送同日の3月8日にリリースされた「That's What I'm Here For」を歌いました。たまたま、そのカップルの男性の名前がJasonですが、我らのジェイソンじゃないのであしからず。

当番組は一人の独身男性が25名の女性の中から将来自分の妻にしたいと思える女性を選ぶというリアリティショーなんですが、私は一度もまともに見たことないから、ジェイソンが出るまで退屈で仕方なかったけど、ずっと見ていた人にとってはきっと感動の特番なんでしょうね。番組の構成は全然違うけど、日本でたとえるなら、「あいのり」でカップルになった二人が、その数年後にめでたく結婚し、その式を番組が特番として取り上げるようなものでしょうか。

一年前に書いて頂いたもののようですが、下記ブログにJasonとMollyがカップルになった流れについて書かれてましたのでご参考まで。・・・いろいろあったんですね

映画を観たり、旅行に行ったり・・・
http://funnybunny.blogmin.jp/1064408.html


ジェイソンが歌ったシーンは、お友達のダーレンがYoutubeにアップしてくれましたので、そちらをご覧ください。


Over The Rainbow



That's What I'm Here For



この日はあいにくお天気が悪く、式が始まる前は雨ザーザー降りだったんですが、ジェイソンが「Over The Rainbow」を歌う頃には雨が上がり、見事な虹が!  ジェイソンパワー? 
・・・でも2曲目の「That's What I'm Here For 」を歌った頃には、また雨が降っちゃったんですけどね。残念。

ちなみに、ジェイソンは当番組の出演が突然決まった為に、収録のスケジュールの関係で2月26日以降のMatt Hiresとのツアーをキャンセルした次第なんですが、ライブを楽しみにしてたファンには申し訳ないけど、全国ネット放送の人気番組なので、ジェイソンの新シングルのプロモーションにはグッドタイミングだったかと。



copyright 2005-2007 Castro Cafe - カストロ・カフェ - all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。